カテゴリ:京都旅行(2006秋)( 10 )
【後編】 京料理 大喜久@北白川 京都特集vol.10
f0007278_1925184.jpg
←祝1周年♪ ご祝儀クリック! ポチッと♪

12月に入ったと思ったら.......あっちでグビッ♪ こっちでグビッ♪
2日間、更新が滞ってしまいましたが.......(^^;アセアセ


今日は、京都で頂いた大喜久の絶品の昼食(後編)をお届けします。
*前編(先附・前菜・刺身・椀物)の様子はコチラ
ちなみに今回頂いたのは、お得なお昼のコース¥5,250です......私たち夫婦にとっては超贅沢ですが......(笑)

f0007278_19255032.jpg【焼物】
笹かれい

見事に焼かれた若狭産の笹かれいは、しっとりとして旨みが凝縮していました。「エンガワが美味しいですよ!」とご主人のアドバイスに従い、骨をしゃぶるように頂きました(^^)。
さすが、かれい中で最も上品な味わいと言われる笹かれいでした。

【鉢物】 鰻のふきよせ 蕪蒸し べっ甲あんかけ f0007278_1926946.jpgf0007278_19264769.jpg
京料理の王道のようなお料理♪
べっ甲色のあんのかかったふきよせの下には、蕪蒸しの優しいお味が!
その下に、しっかりとした鰻が横たわっていらっしゃいました。
眼でも舌でも楽しめる一品でした。

【ご飯物・香物】 舞茸とじゃこの釜炊きごはん ・ お漬物
f0007278_19271683.jpgf0007278_1927471.jpg
私達夫婦だけのために、釜で炊き上げられた舞茸とじゃこご飯。
アツアツを、フゥフゥ言いながら、黙々と頂戴いたしました。
もちろん、二人ともお代わりをして、一釜見事に頂きました。
じゃこの旨みと出汁の繊細なお味が見事に調和した優しいお味でした。


f0007278_19284267.jpg【デザート】
自家製フルーツ・ミックス・シャーベット

一つ一つの果物の味が伝わるシャーベットで終了♪
あぁ~、美味しかった~。
プロの業と料理!!!!!を間近で体験し味わえました。
是非また訪問させて頂きたいです。

f0007278_1928241.jpg【お店情報】
京料理 懐石 大喜久
住所 京都市左京区北白川丸山町1-115 地図
電話番号 075-724-8159   
営業時間 12:00~(来店受付12:30迄)
       17:00~(来店受付17:00迄)
定休日 不定休
営業形態 完全予約制
      *前々日以前2名様以上

大喜久の名物は、はも料理.....いつか食べたいな~♪
初めて訪問される際には、まさに隠れ家のようなお店なので、必ず2日以上前に予約の上、場所をよく確認して行かれることをお薦めします♪

         ←祝1周年クリック!
[PR]
by knightbear | 2006-12-07 21:31 | 京都旅行(2006秋)
【前編】 京料理 大喜久@北白川 京都特集vol.9
f0007278_1935381.jpg
←祝1周年♪ ご祝儀クリック! ポチッと♪

くりたの昼食も、カノビアーノ京都のディナーも、「メチャンコ美味しかった!!!」のですが、
今回の京都小旅行で最も満足したのが、京料理 大喜久での昼食でした。

北白川に隠れ家のように佇む京料理屋さんです。

f0007278_19353657.jpg【先附】
梨の白和え

予約の時間どおりに入店。
カウンターに座り、まず頂いたのが、梨の白和え。「梨?!」って思いながら、口に運ぶと、シャキッとした食感に白和えが絡んで何とも美味♪
梨の自然な甘みと酸味が最高の調味料。
【前菜】 柿なますf0007278_1936208.jpgf0007278_19372744.jpg
次にでてきたのは、左上写真の柿?! 眼で楽しめます(^^)
柿の蓋を開けると、左写真のように、キーンと冷やされた柿なますが入っていました。
なますは、ほどよい甘みに包まれていました。
思わず器の柿に、かぶりつきたい衝動に駆られました(^^アセアセ

f0007278_19381580.jpg【刺身】
鯛の薄造り

さすがの包丁さばき! 紅葉おろしとポン酢で頂きました。
この薄造りを頂きながら感じたのが、このお店の器の素晴らしさ。
料理一品一品が、最適な器に盛られているようでした♪
【椀物】 牡蠣と平茸の土瓶蒸しf0007278_19384764.jpgf0007278_193956.jpg
次に頂いたのは、土瓶蒸し。
中には、広島産の牡蠣と平茸。
「牡蠣の土瓶蒸し」と聞き、単純な小生は、勝手に「濃厚な牡蠣の味」を想像したのですが、見事に裏切られました。
さすが京料理、出汁はあくまで上品で繊細な美味しさなんです。
そして、牡蠣を食べると、濃厚な牡蠣の旨みと海の香りが口の中にジュワ~。
これには、ビックリでした。
牡蠣はは最小限の前処理を経て土瓶蒸しに入れられてたのでしょうね。
絶句する美味しさでしたよ。

ひとつひとつ丁寧に準備された食材、素晴らしい器、ご主人の優しい笑顔と会話、落ち着いた雰囲気に包まれた大喜久の昼食、続きは次回お届けしますね♪
         ←祝1周年クリック!
[PR]
by knightbear | 2006-12-04 20:49 | 京都旅行(2006秋)
京都土産あれこれ 京都特集vol.8
f0007278_1820073.jpg
←祝1周年♪ ご祝儀クリック! ポチッと♪

旅行の楽しみは、観ること食べること買うことですよね。
今日は、京都旅行で立ち寄ったお店を紹介します。
定番のお店ばかりですが、基本的にお薦め以外の店は載せてませんので、
参考になりましたら幸いです(^^)

【祇園周辺】
f0007278_18202279.jpg原了郭
住所 東山区祇園町北側267
電話 075-561-2732
営業 10:00~18:00
定休 木曜日

黒七味を買い込みました。独特の色と香りがお土産として喜ばれます。創業1703年。
f0007278_18204643.jpgよーじや 祇園店
住所 東山区祇園花見小路東北角
電話 075-541-0177
営業 10:00~20:00
定休 無休

ココはあぶらとり紙! よーじやは市内に11店舗あります。会社の女性陣のお土産はこれに決定!!


【中京区】
f0007278_18211933.jpg宮脇賣扇庵
住所 中京区六角通富小路大黒町80-3
電話 075-221-0181
営業 9:00~19:00(冬季18:00)
定休 無休

暑がりの小生は、この店の扇子を愛用してます。もちろん 新しい渋扇と干支扇子を買って帰りました。店内は、さながら美術館?!。
f0007278_18215312.jpg錦市場
四条通の一筋北に位置する錦小路。
ここにあるのが京都の台所、錦市場。

390mの商店街に、漬物、昆布、野菜、惣菜などなど京都らしいお店が140店も軒を連ねています。
f0007278_18222295.jpg打田漬物 錦小路店
住所 中京区錦小路通柳馬場西入
電話 075-221-5609
営業 9:00~18:00
定休 元日

京都の漬物って何でこんなに美味しいの?? 私達夫婦は、たくさん試食させて頂き、漬物を大量購入して帰りました♪
f0007278_18224115.jpg京昆布 千波
住所 中京区錦小路通柳馬場西入
電話 075-241-3935
営業 9:00~18:30
定休 無休

打田漬物の向いにある千波。店先にはズラ~ッと佃煮と昆布が!ココでは、吹寄せ茶漬け、親父に「おやじなかせ」など等を購入♪

【出町】
f0007278_1823935.jpg出町ふたば
住所 上京区出町通今出川上ル
    青竜町236
電話 075-231-1658
営業 8:30~17:30
定休 火曜日・第4水曜日

京都の土産といえば、出町ふたばの豆餅♪
朝作って、昼過ぎには売り切れることもある人気の豆餅ですよね。
f0007278_18232761.jpg昼食後に伺ったのですが、店先にはもちろん行列。
小生は車で待機、snowが買ってきてくれました。美味しかったな~♪

京都って何であんなに美味しいものがあるのかな??
         ←祝1周年クリック!
[PR]
by knightbear | 2006-12-03 20:59 | 京都旅行(2006秋)
【後編】 カノビアーノ京都@三条 京都特集vo.7
f0007278_2117349.jpg
←祝1周年♪ ご祝儀クリック! ポチッと♪

今日は、昨日に引き続き、カノビアーノ京都のディナーをお届けします。
Antipasto→Cardo→Capelliniと雰囲気も盛り上がった後の料理は.........

f0007278_21225276.jpg【Pasta】
仏産ウズラのラグーソースと
大根の
スパゲッティーニ


ラグーソースと聞くと濃いイメージがありますが、意外にサッパリと美味しく頂けました。
大根の食感とウズラの旨みが十分に伝わるお味でした。
f0007278_21231556.jpg【Pesce】
イトヨリのポアレ 
ごぼうのスープ仕立て
こんにゃくと
芽きゃべつのソテー添え


ごぼうのスープって、面白いでしょ。
味覚と食感を試されているような、不思議な美味しさでした♪
f0007278_21233973.jpg【Carne】
イベリコ豚のグリル
色々野菜ソテー添え


イベリコ豚は一昨年訪問したスペイン以来でしたが、ミディアムレアに焼かれたお肉を長ネギ、黒玉葱、サツマイモ等など一緒に口に入れると、こんなに「イベリコ豚って美味しかった??」と思うほどジューシー♪ボリュームも満点!
f0007278_2124459.jpg【Dolce①】
デザートは、優しく「お二人でシェアして、どうぞ♪」と、snowと小生、別々のものが出てきました。

もちろん仲良くシェアして頂きましたよ♪

写真は、ほうじ茶のジェラート
ベリーソース

f0007278_21242889.jpg【Dolce②】
カスタードクリームの
キャラメーリーゼ
バナナ添え


あぁ~お腹一杯~ふぅ~(^^;

美味しかった!!!!!!!!!!!
f0007278_21245332.jpg〆はやっぱりエスプレッソ。

素材の良さを生かした料理は、どれも美味しかったです。
とくに野菜は絶品でした。

京都旅行のいい思い出になりましたよ(^^)
f0007278_21251312.jpgカノビアーノ京都は、rest complex 「KYOUEN」の中にあります。
【お店情報】
リストランテ カノビアーノ京都
住所 京都市東山区大和大路通三条下ル東側大黒町137 地図
電話 075-531-9831 
営業時間 11:30~L.O.14:00
       18:00~L.O.21:30
定休日 なし
         ←祝1周年クリック!
[PR]
by knightbear | 2006-12-02 22:29 | 京都旅行(2006秋)
【前編】 カノビアーノ京都@三条 京都特集vo.6
f0007278_2115465.jpg
←祝1周年♪ ご祝儀クリック! ポチッと♪

京都の晩御飯は、大好きなイタリアンでした。

京都には、全国的にも名高い伊料理店が数々ありますが、その中で私達夫婦は、
カノビアーノ京都にお邪魔しました。

f0007278_21164239.jpgこのお店を選んだ理由は.....

①契約農家(樋口農園)で朝摘まれた極上の京野菜が食べられること。
②ニンニク、唐辛子、バターなどを使わない調理方法に魅力を感じたこと。
③植竹シェフの超人気店リストランテ・カノビアーノの姉妹店であること。
f0007278_21171081.jpgディナーのコースは¥5,775、¥7,508(2名より)、¥9,240(2名より)の3種類(いずれも税金・サービス料込み料金)。

¥7,508のコース、その名も「CANOVIANO」を選択しました。
f0007278_21203678.jpg【Antipasto】
フルーツトマトと水牛のモッツァレラチーズのサラダ
緑野菜とパルマ産生ハム添え


これぞカノビアーノというサラダ。 新鮮な野菜の癖のない美味しさが口いっぱいに広がるサラダ。生ハムの薄塩味とトマトの甘みと野菜が見事に調和した美味しい♪
f0007278_21174316.jpg【Cardo】
子持ちヤリイカのグリル
セロリラブのソース


セロリラブのソースの上に、こんがりと焼かれたヤリイカ。
まわりの黒いソースはイカ墨、オレンジ色のソースは、鷹ヶ峰唐辛子。
f0007278_2118654.jpg【Capellini】
昆布じめにした平目と塩みかんの
冷製カッペリーニ


しっかりと冷えたカッペリーニにトマトソースが絡み合い、平目の淡白な味に、熊本産の塩みかんの甘い酸味が重なり、美味い! お皿のまわりのカラスミをつけて頂きました。

どれもこれも、メチャンコ、メチャンコ、美味しかった~♪
単純な小生は、前菜を食べた瞬間に、カノビアーノのファンになっていました(^^;
この後に、パスタ、お魚料理、お肉料理、デザートとお料理は進みました。
その様子は、次回のお楽しみ!
         ←祝1周年クリック!
[PR]
by knightbear | 2006-12-01 22:37 | 京都旅行(2006秋)
知恩院ライトアップ 京都特集vol.5
f0007278_21244973.jpg
←祝1周年♪ ご祝儀クリック! ポチッと♪

今日は、知恩院の夜の紅葉をお届けします。
東山を散策し、夜のとばりがおりた頃、知恩院を訪問しました。
ディナーの前にお腹を空かせなくては(^^;

f0007278_1954081.jpgf0007278_21261823.jpg
ライトアップされた紅葉は、昼間とはまた違った妖艶な美しさがありました。

見事に手入れされた日本庭園.......
静かに水をたたえる池に、ライトアップされた紅葉が鏡のように反射していました。

思わず吸い込まれそうなほど、幻想的な色と雰囲気でした(^^)
三十路を過ぎて、やっと紅葉の美しさを感じることが出来るようになったと思います。

あと10年後、20年後の眼には、紅葉はどのように写るのか楽しみ♪

f0007278_21264213.jpg知恩院は、浄土宗の総本山。

南無阿弥陀仏のお念仏の元祖法然上人のお寺としても有名ですよね。

つくづく「もっと歴史を勉強してくればよかったなぁ~」と感じました。
f0007278_212797.jpg2006年のライトアップは、
12/2(土)までです。

【スポット情報】
知恩院
住所 京都市東山区林下町400地図
電話 075-531-2111
拝観時間 9:00~16:00
拝観料 境内無料・庭園400円
         ←祝1周年クリック!
[PR]
by knightbear | 2006-11-30 21:53 | 京都旅行(2006秋)
茶寮 静閑@静閑院京都本店 京都特集vol.4
f0007278_5494589.jpg
←祝1周年♪ ご祝儀クリック! ポチッと♪

今日は甘味。
先日の京都旅行、東山散策の途中、休憩に立ち寄ったのは、菓匠静閑院の京都本店2階にある茶寮静閑
f0007278_5505380.jpg【くずもち ¥840】
静閑に立ち寄った理由、それはこのくずもち。
トッピング?!は左からきな粉
抹茶黒蜜
出来たてホヤホヤで、温かい葛を、抹茶/黒蜜をくぐらせ、フワフワのきな粉の上に!

あぁ~美味しい♪
f0007278_5512320.jpg【ぜんざい~焼餅~¥840】

ぜんざいは、焼餅と生麩がありますが、焼餅を頂きました。
大きな小豆が印象的なぜんざいは、上品なお味でサラッとしてました。

お値段も高めですが、さすが老舗菓匠のお味なんでしょうね。
f0007278_5514686.jpg広島そごうの地下で静閑院の和菓子が買えます。

【お店情報】
菓匠 静閑院
住所 京都市左京区南禅寺
    草川町41番地12地図
電話 075-762-6200
営業時間 10:00~18:00
 (茶寮 10:30~L.O.17:00)
定休日 なし
          ←祝1周年クリック!
[PR]
by knightbear | 2006-11-30 06:35 | 京都旅行(2006秋)
永観堂の紅葉@左京区 京都特集vol.3
f0007278_1956123.jpg
←祝1周年♪ ご祝儀クリック! ポチッと♪

f0007278_19584741.jpg今日は、永観堂(禅林寺)の紅葉をお届けします。

昨日お届けしたくりたで、京料理の極上ランチを頂いた後、東福寺から高台寺八坂神社円山公園知恩院南禅寺周辺を散策しながら北上しました。
f0007278_19563834.jpgそこは、絶句してしまうほど、見事な紅葉に彩られていました。

京都東山の名刹永観堂(禅林寺)は、「もみじの永観堂」として親しまれています。

本尊は「みかえり阿弥陀」、なんと阿弥陀様が首を左にかしげ、振り向いていらっしゃるんです(^^)



広い境内には、紅葉が競うように色づき、楓の黄色が目に眩しい。
これぞ京都の秋って感じでした。
f0007278_20485181.jpg

f0007278_195846.jpg写真は唐門。

天皇の勅使が出入りするための門で、手前には盛砂が作られています。
勅使はこの盛砂を踏んで身を清めてから中に進んだんですって。
そこを今では、小生のような観光客が....(笑)
f0007278_19582883.jpg山の中腹に立つ多宝塔からは、境内の紅葉と京都の町が一望できます。
【スポット情報】
永観堂(禅林寺)
住所 京都市左京区永観堂町48
    地図
拝観時間 9:00~17:00
定休日 なし
拝観料 600円
 (寺宝展1,000円)
          ←祝1周年クリック!
[PR]
by knightbear | 2006-11-27 21:59 | 京都旅行(2006秋)
和食 くりた@四条 京都特集vol. 2
f0007278_17385253.jpg
←祝1周年♪ご祝儀クリック! ポチッと♪

    ☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆祝 ブログ開設1周年☆゜・*:.。.☆゜・*:.。.☆
kikiさんのブログnatural photo diaryに憧れ、ブログを開設して1年が経ちました。
何をしても長続きがしない小生が1年も!続けられたことに自分自身がビックリしています。
これも偏に、このブログをご覧頂いている皆さんの応援のお陰と感謝しています(涙)
           ☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆゜・*:.。.☆゜・*:.。.☆

さて、1周年の今日は、京都特集vol.2として、とっても美味しい和食をお届けします。

京都1日目のお昼を頂いた和食のくりたです。
*詳しくは、JR東海の京都物語「メニューのない和食屋さん」で紹介されています!

f0007278_17394482.jpg朝6:00に西条を出発!
ホテルにマイカーを預けて、
10:20に自転車を受け取り、
四条周辺をぶらっとした後、
予約の11:30ピッタリに入店。

まずは、ビールで乾杯。

旅に出たらエビスビールっていうのが小心者でしょ(^^;
f0007278_17395811.jpgこのお店には、メニューはなく、
すべて「おまかせ」。
お昼は¥2500~なので、私達は¥3000で予約しておきました。

【先附】
自家製のくみ上げ湯葉
ほのかなゆずの香りを楽しみながら、口に入れると、「これが湯葉?!」って思うほど、
甘くて美味しい。
f0007278_17401568.jpg【八寸】
利休麩柿なます牡蠣のうに田楽穴子の干ぴょう巻季節野菜の素揚げ稲穂揚げ、他。

どれも、これも、薄味なのに、しっかりと味わいがあって感動(^^)

11月23日だったので「新嘗祭に因んで稲穂!?」とか思いながら頂きました。
f0007278_17402916.jpg【蒸し物】
菊花蕪のふろふき
ゆず味噌かけ


これぞプロの技と味!!って感じ料理。あまりの美味しさに絶句...

緑の春菊の葉の上に乗った蕪は丁寧に菊の形に切られ、甘みのあるゆず味噌が、なんとも美味。
f0007278_17404781.jpg【ごはん】
和風ピラフ

大皿に盛り付けられ、コース最後に登場する和風ピラフ。
訪問前から「どんなお味なんだろう?」とメチャンコ楽しみにしていました。
ピラフというより、温かくて、上品で、繊細な海鮮まぜご飯といった印象?!。
f0007278_174125.jpg【スープ】
しめじのスープ

春菊としめじが入ったスープは、とても薄味でサッパリ。
薄味なのに、「こんなに旨みを感じるんだろう?」と考えました。

考えても分からないんですけど.....(^^;アセアセ
f0007278_17412196.jpg【水菓子】
栗茶巾とメロン

香ばしいお茶は「一保堂茶舗」の煎り番茶なんだそうです。
栗茶巾は、渋皮煮のようで、贅沢な甘さでした。

甘味党snow、大絶賛♪
f0007278_1742510.jpgとてもお得に、本格的な和食を頂けました。 是非、また伺いたいお店です。

【お店情報】
くりた
住所 京都市下京区西木屋町
四条下ル地図
電話 075-344-0456
営業時間 11:30~14:00
       17:30~21:00
定休日 水曜日

お店は、とても感じの良いご夫婦で切り盛りされていました。
さすが京都の名店「くりた」、目でも、口でも、お料理を堪能させて頂きました。

ちなみに、今回の京都旅行のテーマは「リーマンでも楽しめる京都の旅?!」ということで、
飲み物・サービス料込みで昼食@¥5,000以下、夕食@¥10,000以下に設定しました。
      ←祝1周年クリック!
[PR]
by knightbear | 2006-11-26 21:24 | 京都旅行(2006秋)
そうだ♪京都に行こう(予告編) 京都特集vol.1
f0007278_1834722.jpg
←愛のクリック! ポチッと♪

       六百年前、桜を全部、切りました。
       春より秋を選んだお寺です。

       ~JR東海 「そうだ 京都、行こう」 1997年 秋 東福寺編より~

f0007278_1820826.jpg行きたくなりますよね~♪
こんなキャッチを聴いたら......京都(笑)

京都まで小旅行に行ってきました。

写真は東福寺の通天橋。
f0007278_1726298.jpg本日から何日間続くか分かりませんが、
京都特集をお届けします。

今回の小旅行で訪れた処を紅葉食べ物を中心に紹介していく予定です。

「王様のブランチ」的に.....(笑)
f0007278_17255310.jpg写真は、我が旅の友♪ チャリンコ!
渋滞だらけで駐車場も満杯の時期、
メチャンコ便利でしたよ。

利用したのはレンタサイクル デリバイク
指定した場所まで運んできてくれて、京都市内なら乗り捨て自由で1台1日¥1500ってお得でしょ♪
f0007278_17265438.jpg今回の小旅行は、勝手に
「リーマンでも楽しめる京都の旅?!」
をテーマしました(^^;

出来るだけ お得に、
出来るだけ たくさ~ん、
出来るだけ 美しい紅葉を
出来るだけ 京都らしい食事を

この企画、
少なくともsnowは大満足だった様です。
楽しかったな~、京都♪

どうぞお楽しみに.......
      
      ↑4位あたりをウロチョロ?!(^^)
[PR]
by knightbear | 2006-11-25 19:54 | 京都旅行(2006秋)

ファン申請

※ メッセージを入力してください